Please wait... loading

スナッパーがメインで使う機材として

現在表示しているページ
ホーム > はまちゃんさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年4月 > スナッパーがメインで使う機材として

投稿日:2019/04/21

レビューした機材・用品 パナソニック LUMIX DC-GX7 Mark III パナソニック LUMIX DC-GX7 Mark III
発売から1年以上経っているにも関わらず1件のレビューも上がっていないようなので,簡単なレビューをしたいと思います。つい最近発売になったリコーのGR3に注目が集まる中,確かにGRシリーズはスナップ撮影に特化した素晴らしいカメラであることは間違いないわけですが,一方でマイクロフォーサーズ(以降「m4/3」と略します)もシステムとして小型化が可能で,またセンサーサイズの小ささからパンフォーカスが得やすいといった特徴があるため,ハイアマチュア向けのスナップ撮影を意識したカメラがオリンパス,パナソニックからそれぞれラインアップされています。オリンパスであればPen F, パナソニックはGX7です。

今回レビューするのはMark III, 初代から数えて3機種目のモデルで,前機種Mark IIの正常進化モデルと言えるでしょう。しかし何故GANREFであまり注目されていないかを個人的に考えてみるに,

①そもそもGANREFのユーザー層が変化し,スナップを作品として投稿する人が減っている
②「パナソニックは動画」という先入観があり,実際メーカーも動画機能を積極的にアピールしているのであながち間違いではないものの,その反動で写真(静止画)の評価が低く見られる傾向にある
③Mark IIの正常進化モデルではあるものの,Mark II所有者,或いは初代GX7所有者の買い替えを喚起するだけの訴求力が乏しかった

といったことがあるのかなと。実は僕自身,先代Mark IIのユーザーで,ついこの間まで使っていましたが,故あってMark IIIに買い換えました(訳は聞かないでください)。3年ほど前にMark IIのレビュー記事を投稿していますので,興味のある方はそちらも参照ください。
https://ganref.jp/m/hamachan/reviews_and_diaries/review/10500

今回買い換えたのはボディーのみ。手持ちのレンズは以前から使っているLeica DG Summilux 15mm/F1.7 ASPH.とLeica Summilux 25mm/F1.4 ASPH.の2本になります。僕は動画をやりませんので,写真(静止画)のみのレビューとなります。また旧式フォトグラファーゆえ動画機能を応用した4Kフォトなる機能についても使ってないのでレビューできません(もとい,使いこなせない...汗;)。よって偏ったレビューになりますがご容赦を。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D7000
レンズ:
ニコン AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
焦点距離:
40.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F6.3
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
2000
ホワイトバランス:
Auto

Mark IIを使っていたこともあって違和感なくすぐに使いこなせ,逆に言うとカメラを買い換えた気がしないというか,あんまり変わってないじゃないかという気持ちになります。まさに上記の③です。ただ,いくつかMark IIで不満だったところが解消していて地味にうれしいです。

・ISOオートの下限シャッター速度が設定できるようになった(Mark IIは1/60sで固定)。これだけでも買い換えた価値があったと思っている。もっともプログラムオートを使わず,常にマニュアル露出で撮影されるようなストイックな方には関係ない話。
・露出補正ダイヤルが新設。Mark IIの時は背面ダイヤルに露出補正を割り当てて使っていたが,その必要が無くなった。露出補正値がすぐ視認できるのは良い。もっとも結構硬いので,人によっては背面ダイヤルの方が回しやすいかも知れない。
・背面のボタンが整理され,4Kフォトボタンがなくなったおかげで,間違って押してシャッターチャンスを逃す恐れが減った。

パナソニックのカメラはどれも多機能ゆえ,逆にそんなに機能を必要としない人には,ただややこしいだけのカメラです。しかしカスタマイズの自由度が高く,自分が使う機能をFnボタンに割り当てたりメニューから種々設定して使いやすいようにカスタマイズすれば,俄然使いやすくなって手に馴染むようになると思います。ストイックさを求める人はGR3,或いはもっと上を目指すなら本物のライカを買った方が幸せになれるでしょうが,使いやすさでは圧倒的にGX7に軍配が上がります。

Mark IIIはMark IIの1600万画素から2030万画素のセンサーに換装されました。どちらもローパスレスです。画素数が増えれば当然その分シャープな画像が得られるのは自明ですが,出てきた画像を見る限り,スナップ用途ではあんまり変わりない印象。ストリートスナップではあまり多画素を必要としませんので,どっちでもいいかなといったところ。夜の街のスナップで高感度を使うので,むしろ低画素で高感度に強い方が良いくらいなのですが,高感度画質は殆ど変わっておらず安心しました。常用ISO感度にも変更なしです。僕はISO 6400を上限に設定して使っています。それ以上になると画質低下が著しいため,スナップでも作品として使うのが厳しい画質になってきます。もちろん撮影意図によっては荒れた画質が好ましい場合もあり,ケースバイケースと思います。

今回Mark IIIの発売にあわせて純正ハンドグリップDMW-HGR2-Kが発売となりました。Mark IIにも使えるそうです。GX7は重さがある割にコンパクトさを優先してグリップが小さく,手のかかりが少ないため握りにくく,Mark IIのレビューを書いたときにコメントいただいた方などは2度も落とされたそうです。僕もMark IIを買ったばかりの頃一度床に落としました。その後すぐにキヤノン製ハンドストラップE2を取り付けまして,しっかりグリップできて安定するようになりました。しかしやはりボディーそのものの握りを強化できるならした方がいいです。一年前からあったものなので,早く買えばよかったです。GX7を買う人は必須じゃないでしょうか。下の写真は純正ハンドグリップDMW-HGR2-Kとキヤノン製ハンドストラップE2を両方取り付けた例になります。多少コンパクトさが損なわれますが,元々小さいカメラですので,それほど気にするほどでもないと思います。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D7000
レンズ:
ニコン AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
焦点距離:
40.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
4500
ホワイトバランス:
Auto

難点は電池室カバーを覆ってしまうため,電池交換の際に取り外しが必要になり面倒になることですが,GX7シリーズはボディー横のmicro USBから充電が可能なため,電池交換が必要な場面は案外少ないです。Mark IIもMark IIIも電池の持ちがあまり良くありませんが,まめに電源をOFFにするよう心がけてさえいれば,一日中街中をほっつき歩いて電池切れになることはあまり無いと思います。とはいえ必ず予備バッテリーを1個持ち歩くべきカメラではあります。持ち歩きには,クランプラーの小型カメラバッグCamera Cube XSを通勤で使用しているディパックのショルダーハーネスにカラビナを介してぶら下げてます。この状態で飛行機の機内にもそのまま持ち込んでいます。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D7000
レンズ:
ニコン AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
焦点距離:
40.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
2800
ホワイトバランス:
Auto

さて,シリアスなスナッパーが候補として挙げるカメラのうち,GX7 Mark IIIを選ぶ理由を考えてみます。まず何といっても安価なライカレンズが使えるという点。パナソニック製でライカが監修した所謂「パナライカ」ではありますが,写りは素晴らしいです。本物のライカはなかなか手が出なくても,m4/3のパナライカなら気楽に買える値段です。次に優秀なAF性能が挙げられます。像面位相差を使わずコントラストAFだけですっとピントが合うパナの技術力の高さには驚かされます。しかも爆速です。かなり暗いところでもAFが効くので夜の街の撮影で困ったことは殆どありません。僕は目が弱いためどうしてもAF頼りにならざるを得ず,選ぶ際にAF性能を重視します。そうそう,メーカーによってはカメラを握ったまま右手だけで電源のON/OFFができないものが結構あります。僕はそうしたカメラを買う気がしませんが,パナの機種は全て右手一本で電源操作ができます。こういうのって地味に重要なポイントだと僕は思います。

ボディー内手振れ補正は並みの実力で,同じm4/3のオリンパスが頭一つ抜きんでていますので,手振れ補正をを重視するならPen FやOM-D M5などを選んだ方が幸せになると思います。レンズは共通ですのでライカレンズが使えます。

GX7 Mark IIIの不満な点を挙げます。

・EVFの光学系がプアー。アイポイントが近く,目の位置によって像が歪むなど,覗くとストレスが溜まるほどひどい。Mark IIのレビューでも不満を挙げたが,残念ながら全く変わっておらず,チルトできるようになっただけ。もうちょっとまじめにファインダーというものを考えて欲しい。
・モードダイヤルにロック機構が無い。カメラバッグから取り出した際にモードが変わっていることが多々あり,そのせいでシャッターチャンスを逃してしまうことがあり非常にイラっとする。露出補正ダイヤルと2段重ねになったのでMark IIよりは回りにくくなったが(Mark IIはひどかった),何とかして欲しい。
・Mark IIIからBluetooth常時接続ができるようになり,GPS位置情報がスマホから自動で転送されて画像ファイルに記録できるようになったのはいいが,カメラのスイッチを入れてからスマホ(iPhone)との間でBluetooth接続が確立するまでに10秒近くかかる。僕は手に持ったカメラの電源スイッチを入れてから構えてシャッターを切るまで殆どの場合5秒以内(多くの場合2~3秒)で完了してしまうため,位置情報が画像に取り込まれることはほぼ無い。Mark IIまではスマホ側の専用アプリに位置情報を記録しておき,後でカメラに転送して画像に書き込む仕様だった。面倒だったが確実に記録できた。これって改悪じゃないのか。

無題

写真を拡大する

カメラ:
パナソニック LUMIX DC-GX7 Mark III
レンズ:
パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.
焦点距離:
15.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/400秒
絞り数値:
F3.5
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

というわけで,こんな偏ったレビューでも参考になる人がいれば幸いです。今年はサイズの大きなフルサイズミラーレスに注目が集まる年になりましたが,僕としてはm4/3システムの良さがむしろ再認識できたように思います。オリンパスPen Fの後継が今後出ないという噂が流れていて大変残念ですが,コンパクトな機種の需要は確実にありますので,メーカーさん頑張ってください。

コメント(1,000文字以内)

8件中 1〜8件目

はまちゃん
れんずさん> わかりやすい文章で参考になりました。

それは良かったです。

cosmicさん> やっぱりⅢへの買い替えは待つことにしました

おっしゃる通りMark IIユーザーが買い替えを考えるかと言うと微妙です。Mark IIも十分いいカメラですのでね。他からの乗り換えでしたらMark IIIを勧めますけど。

Kohさん> GMシリーズはもう出ないでしょうし、多少サイズが大きくなるけれどこのMark IIIが第一候補です。

GMシリーズは小さくて良いカメラでしたね。僕は今もPentax Q7を持ってますけど,サイズ的にほぼ同じでした。コンパクトな機種に選択肢があまり無いのがさみしいです。GMに比べると二回りくらい大きく重くなってしまいますけど,一眼レフを持ちだすことを考えたらまだ十分小さいです。

2019年04月24日 21:03

れんず
わかりやすい文章で参考になりました。

2019年04月24日 20:27

cosmic
MARKⅡのユーザーですが Ⅲへの買い替えを考えていました

やっぱりⅢへの買い替えは待つことにしました

2019年04月24日 18:45

Koh
レビューありがとうございます。
大変参考になります。

私はたまにまねごとをするくらいで全然スナッパーではありませんが、m4/3システムのコンパクトさが気に入っています。
GM-1を発売されて直ぐに購入して以来、手軽に持ち出せる普段使いのサブとして使用していますが、そろそろくたびれてきてますので”次”を考え始めているところです。
GMシリーズはもう出ないでしょうし、多少サイズが大きくなるけれどこのMark IIIが第一候補です。(というかこれ一択ですけど)

2019年04月24日 18:31

はまちゃん
春の深谷2さん,

僕もニコンの一眼レフを持っていて一通りレンズも揃っていますが,逆に僕はニコンを使う機会が無くなってしまいました。

レビューでも書きましたが,パナのカメラは一般に多機能ゆえ,自分の使う機能に合わせてカスタマイズしないと使いやすくならない印象です。一方でニコンのカメラはメーカーが想定した使い方さえしていれば,そんなにメニューを弄らなくても使えてしまいます。スマホに例えるならニコンがアップルのiPhoneで,パナはAndroidといったところ。設定さえしてしまえば快適に使えるようになります。付属のマニュアルはダイジェスト版で,オンラインに「活用ガイド」というマニュアルがあって,そこに全ての機能の記載があります。一度はマニュアルを読んでカスタマイズされることをお薦めします。
https://av.jpn.support.panasonic.com/support/dsc/manual/manual.html

それと,Mark IIでは僕は背面ダイヤルに露出補正を割り当ててダイレクトに露出補正できるようにしていました。そのままだと一度ダイヤルを押し込んでからでないと露出補正できず不便と思います。

2019年04月23日 07:14

春の深谷2
興味深く拝見しました。
私はⅡを持っています。スナップ用に購入したのですが、購入以来2,3度しか使っていません。久しぶりに使おうとすると、操作方法がまったくわからず、マニュアルを引っ張り出すのも面倒くさく、やっぱりニコンにしとこ、ということになっていました。
「・ISOオートの下限シャッター速度が設定できるようになった」、そして、「・露出補正ダイヤルが新設」という点、Ⅲは良いですね。前者についてはニコンには昔からついていた機能ですが、やはり便利ですよね。後者についても、Ⅱは無くて、不便だなぁと感じました。
現在、足が思うように動かないのですが、回復したら、14mmF2.5 を付けて、どこかにスナップに行こうかと思っています。
ありがとうございました。

2019年04月22日 22:00

はまちゃん
cosmicさん> 参考になりました

それは良かったです。

2019年04月22日 07:15

cosmic
参考になりました
ありがとうございます

2019年04月21日 22:04

8件中 1〜8件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

はまちゃん

GANREF Point
905415
メインカメラ
LUMIX DC-GX7 Mark III

プロフィール

GANREFに対するユーザーの向き合い方が時代と共に変化し,参考になるよう...
同じ機材で撮影された写真

↑ページの先頭へ