Please wait... loading

レビュー03 ドスパラ raytrek ZQ 〜RAID設定、評価編〜

現在表示しているページ
ホーム > hide-photoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年7月 > レビュー03 ドスパラ raytrek ZQ 〜RAID設定、評価編〜

投稿日:2019/07/03

レビューした機材・用品 ドスパラ raytrek ZQ  ドスパラ raytrek ZQ
何か数字を示した方が良いかなと思い、今回お借りしたPCのマザーボードにはRAIDコントローラーが内蔵されているため、RAID0,1,5,10の比較をやってしまおうと思い立ちました。
そんなん必要ないという方はスルーで(笑)

廣島さんのようにWindows10の機能を使ったソフトウェアRAIDは簡単でとっつきやすいですが、パソコンのパフォーマンス低下に繋がるので私はハードウェアRAIDで扱うことにしました。
ハードウェアRAIDは、BIOSを設定する必要がありますので、少々難易度高めかもしれません。
ただ、昔と比べると格段に使いやすくなってます。

BIOS画面を出すにはPCの電源を投入後、F2もしくはDeleteキーを連打することで呼び出すことが可能です。

BIOS画面はEasyモードとAdvancedモードの二種類があり、F6キーで切り替えが可能になっています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
25.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-2EV
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto


RAIDを設定するには、Advancedモードに切り替える必要があります。
その後の操作は、以下の通りです。(キーボードもしくはマウスで選択できるようになっています)
(1)AdvacedメニューからIntel(R) Rapid Storage Technologyを選択します
(2)Create RAID Volumeを選択します。
(3)Nameの欄に識別しやすい名前を付けて、RAID Level一覧からどのRAIDモードを使うか選択します。
※HDD二台でRAID0とRAID1、HDD三台でRAID5、HDD四台でRAID10が選択できるようになります。
(4)RAIDを構成するディスクに×印をつけて選択します。(決してSSDを選択しないように)
(5)Create Volumeを選択することで新しいRAIDボリュームが作られます。
(6)F10を押してYesを選び、BIOS設定を保存して再起動させます。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
焦点距離:
25.0 mm
フラッシュ:
On Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-2EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


昔はパソコン起動時にRAIDの設定ためにCtrl+Iを押すための待ち時間がありましたが、BIOS内で簡単にRAIDの設定ができることで、待ち時間がなくなりました。意外とこれイラっとする要因なので感激。時代の流れを感じました。


ハードディスクの初期化は「ディスク管理ツール」から可能です。
Windows使いの方にはお馴染みかもですが、Macから乗り換えを考えている方もいるかもなので、やり方を記載しておきます。

(1)スタートメニューを右クリックで開く。
(2)開いたメニューの中にある「ディスクの管理」を選択。
(3)未割り当てのHDDの表示の上で、右クリックし、新しいシンプルボリュームを選択。
(4)次へを押し、ボリュームサイズを入力し、次へを押す。(パーティションを分けない場合は最大サイズでOK)
(5)次のドライブ文字を割り当てるが選択されていることを確認して、次へを押す。
(6)このボリュームを次の設定でフォーマットするが選択されていることを確認し、ボリュームラベルに名前を入力する。
(7)クイックフォーマットが選択されていることを確認し、次へを押す。
(8)完了を押す。
フォーマットが終われば無事に使えるようになります。


HDDのフォーマットができたところで、パフォーマンスの比較を行ってみます。
まずは、SSDとHDD単独(RAIDなし)の比較からです。


HDDは7200rpmタイプの標準的なスコアが出てますね。
ゲーム用のPCのSSDは流石に爆速です。
特にランダム書き込みではHDDは1MB/sまで速度が落ちますが、SSDはなんのそのって感じで、かなりのスコアをはじき出します。
この差が体感の早さに繋がっていると思います。


次にRAIDシステムでHDDの性能はどう変化するでしょうか?
それぞれのモードでテストしてみました。


RAID0(ストライピング)ではHDDに分散して書き込み、読み出しを行うため、分散させるHDDの数が多いほど速度が上がってますね。
ディスク容量はフルに使えて16TBとなりますが、HDD4台のうち1台でも壊れたらデータの復旧ができないので、危険極まりない。
大切なデータの保存には向かない、走り屋仕様です(^^)

RAID1(ミラーリング)では二台のHDDに同じものを書き込みクローンを作るため、書き込み速度は落ちると思ってました。
しかし、単独使用とあまり変わらない結果となっており、ランダムの読み出しは早くなってる点にはびっくりしました。
うまいこと制御できるように進化していることを感じました。
ただ、二台のHDDに同じものを書き込むため4TB×2で、一台分の4TBしか保存できない点は致し方なしです。
その代わり一台壊れても、新しいものに入れ替えればまたクローンが作成されるため、一番安全安心なRAIDモードと言えます。
また、パソコンが壊れても外付けHDDのケースを購入すれば、RAIDコントローラーが壊れてもそのまま読み出せる点もこのモードの魅力です。
写真の保管に私が使うモードです。

RAID5(パリティー)では三台以上のHDDを使い、RAID0と同様に分散書き込みするため、読み込み速度が高速になっています。
ただ、HDDが故障した時にデータを復活できるようにパリティーというものを書き込むため、書き込み速度は単独使用並みに落ちてますね。
パリティー領域を作ることで、HDDが一台壊れても復旧できるためRAID0より安全で、読み込みがそこそこ早い。
RAID1よりHDDの使用できる容量が全体の約75%(約11TB)まで使えるいいとこ取りのモードと言えます。
NASなどでよく使われているモードですが、分散書き込みしているため、HDD二台壊れると復旧不能になります。
また、HDDの故障には対応できるものの、RAIDコントローラーが壊れると、RAID1のように外付けHDDケースでは直接読み込めず、専門業者に復旧依頼しなければならない状態に陥ります。
個人的には写真の保管には向かないと思ってるモードです。

RAID10(ストライピングとミラーリング)では4台のHDDを使い、RAID0の環境とRAID1の環境を共存させるモードです。
RAID0の環境をRAID1でミラーリングと言えば分かりやすいでしょうか?
速度はRAID0の二台使いとほぼ同じで、ランダムの読み込み若干早くなっている感じですね。
このモードは最大二台のHDD故障まで大丈夫という触れ込みなのでRAID5より安全と言えます。
しかし、ディスク容量は16TBの半分8TBしか使うことができないのが残念です。
運が悪ければ二台目の故障で復旧できなくなる可能性も0ではない点が怖いです。


それぞれ、良いところ、悪いところがありますね。
どのモードを使うかは、人それぞれで良いと思います。

私はコストパフォーマンスは落ちますが、RAID1にしておき、アマゾンフォトなどのクラウドにバックアップを取るのが一番データを失わずに済むのではないかと思っています。
実は私の友人がRAID5のNASを使っていて、リビルド中にデータを全て失ったという光景を見てます。それでこの運用に変更したというのは内緒です。

RAIDだから大丈夫ではなく、こまめにクラウド等にバックアップはやっぱり必要ですね。
せっかく苦労して撮影した写真を故障で失うのは避けたいものです。


ん?途中からなんだかパソコンのレビュー記事から話が逸れてるような。。。


まぁ、役立つ情報かもなので、このまま掲載しちゃいます(笑)


◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

「注目製品レビュー ~ドスパラ raytrek ZQ編~」企画に参加中‼
https://ganref.jp/common/monitor/dospara/raytrek_zq/

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆


レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

だいとしぃ
legacy7010さん、参考まで
[ドスパラ raytrek ZQ]写真バックアップ環境どうする?(レビュー番外編)
https://ganref.jp/m/daitoshii/reviews_and_diaries/review/12061
に書いたような構成です(^^;

> hide-photoさん
RAID10は、やっぱり復旧しにくいパターンもあるのであまりお勧めできないですね。一回やらかしました(^^;
Amazon photo最近はNASからバックアップできるんですか? 場合によってはそれ目的でNAS導入も有りかもしれませんね。

2019年07月11日 08:55

legacy7010
少し話は反れますが、普段はどんな環境でバックアップをされていますか?

私はガンレフのイベントであったsynologyのNASを入れてRAID5に近い環境になってはいます。

2019年07月11日 08:20

hide-photo
> 廣島 宗毅さん
RAIDにしておけば安心と思っている人が結構いますが、特徴を良く知っておかないと後から痛い目に合うみたいですね。
データ復旧サービスをやっている方にお聞きしたところ、RAID5の復旧依頼が一番多いそうです。
一番普及しているからなのかなぁ?と思ったのですが、安価なRAIDコントローラー、電源を使っているとHDDよりも機械の方が先に壊れるとのことでした。
3年を過ぎると故障割合がだいぶ増えるそうですので、こまめにバックアップを取っておくことをお勧めされました。

> だいとしぃさん
私は外付けHDD「RAID1」とNAS「RAID1」で写真データを保管してます。
アマゾンプライムに入っているので、NASからクラウドに保管しようと思っていますが、使い勝手がいまいちなので、通信速度が上がるまではまだ保留かなとも思ってます。

> Mislinさん
そうなんですね。NASのデータを外付けHDDかクラウドに定期的にバックアップを取ると安心ですよ。
あとリビルド操作の前に、外付けHDDなどにデータのバックアップを取るのが鉄則みたいです。リビルド操作を失敗するとすべてデータを失うことになります。

2019年07月07日 21:49

Mislin
つい先日NASでRAID5を始めたばかりの初心者ですので、とても関心を持って読みました。容量を欲張らず、RAID1にしておけば良かったなぁ…後の祭りですが。

2019年07月03日 22:49

だいとしぃ
ちなみに、自分は外付けボードのハードウェアRAIDでRAID1で運用してます。
理由は、突然の電源断でRAIDが壊れないこと
RAID1だと、RAIDコントローラーが壊れたり、RAIDが壊れても普通のHDDとしてアクセスできるからです。
また、RAID5だと、RAID1に比べてリビルドに時間がかかるので、大容量HDDに比べてリスクが高いと考えてます。

2019年07月03日 21:57

廣島 宗毅
ハードウエアRAIDをされたのですね!
Windowを再インストールせずとも、RAIDが組めるなら魅力的です。

RAID1にRAID5、RAID10と各に特徴があって選択が難しいです。
RAIDコントローラーの故障まで考えると一番無難なのがRAID1なのかなと思えてきますが、ソフトウエアRAIDならコントローラーの故障という事には無縁になれるのかな?
だんだんと怪しげな領域に入りそうな感じですかね(^_^;

とても参考になりました!

2019年07月03日 20:56

6件中 1〜6件目

TOP OF GOLD

hide-photo

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
694945
メインカメラ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

プロフィール

新着写真から勝手にお気に入りをしています(^^; コメントしないことが多...