Please wait... loading

発売から1年経過、18-35mm F1.8は果たして買いか?

現在表示しているページ
ホーム > Kento,K(お休み)さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2014年12月 > 発売から1年経過、18-35mm F1.8は果たして買いか?

投稿日:2014/12/21

レビューした機材・用品 シグマ SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art シグマ SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art


個人的にブログでレビューを書いたのですが
コチラにも投稿してみようと思い、書いていきます。

さて早速ではありますがこのレンズ
SIGMAの「Art」という分類に属しているのですが、このArtラインとは



あらゆる設計要素を、最高の光学性能と
豊かな表現力に集中して開発。
高水準の芸術的表現を叶える
アーティスティックライン

アーティスティックな、あるいはクリエイティブなマインドをもった方々の高度な要求水準を満たす、圧倒的な描写性能。芸術的表現力に最大の力点をおいて開発されており、サイズや多機能性に優先して「とにかく描写性能を」との期待に応えうるライン。風景、ポートレート、静物、接写、スナップをはじめ、作家性を生かした写真づくりに適しています。作品世界をつくり込むスタジオ撮影や、建築、天体、水中などあらゆるジャンルでの表現にも応えます。
(SIGMA公式HPから参照)


というように説明がされています。
その他に「Contemporary」「Sports」とわけられてるのですが
その中でもこのArtはSIGMAが画質を追及する為に制作したラインナップです。





アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス K-5
焦点距離:
21.2 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto







私はいつも同社のSD1 Merrillにつけて使用しています。
肝心な画質に関しても「各画角の単焦点」と言われる程で
使っていてもボケ量や開放での中心または種変の解像度も申し分なく
本当にズームレンズなのか?と疑ってしまう程です。








アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス K-5
焦点距離:
50.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F10.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto










レンズ鏡筒は金属に加えてハイクオリティな感触の新素材TSCが使用されており
造りのクオリティは際立っています。
外観はかなりの高級感がありずっしりとしていて重いです。
一つ不満点を挙げるとすれば防滴加工がされていない所でしょうか。








アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス K-5
焦点距離:
47.5 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F10.0
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto










ヘリコイドの重さについては
個人の好みがあると思いますがこれもねっとりと重く
ピタッと止まり個人的には好きです。

ズームリングの重さとは対照的に
フォーカスリングの重さは軽いのでスッとフォーカスを合わせる事が可能です。

フォーカスに関しても
HSMという超音波モーターが採用されているので全くと言っていいほど音がしません









アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス K-5
焦点距離:
21.2 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto










SIGMA 17-70mm F2.8-4と大きさを比較してみました。
外観素材の違いもあり高級感はやはり18-35mmに軍配が上がります。

しかし見ての通り光学2倍ズームなのに
17-70mmよりも大きいのです。これがちょっと難点です。
最短撮影距離もズーム全域で28cmとかなり寄れる印象があります。








アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス K-5
焦点距離:
50.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F0.0
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto










重さなのですが810gとこの画角にしてはかなり重いので
私のようにバッテリーグリップを付けていると前に倒れてくるので注意が必要です。

さて、肝心の「このレンズは買いなのか?」ですが
このレンズ「APS-C専用」なんですよね、それでよく
「APS-C専用レンズに10万は払えない」と言われていました。

確かにCanonやNikon等フルサイズを使っている方には縁が薄いかもしれません。
(私はCanon 5Dも所有していますがこのレンズも購入しました)
ですが現段階でフルサイズ機がないPENTAXやSIGMAのカメラなら
大いに一考の価値があると考えています。

最近は値段も落ち着いてきましたし
開放1.8という驚異のスペックを備えているので
最強の常用レンズの一角になりえると思っています。

描写も「Art」の文字が約束していますし、個人的には満足な一本です。
最後にこのレンズとSD1で撮った写真を添付しておきます。










コメント(1,000文字以内)

3件中 1〜3件目

リアセル
コレが付いたdpが出ないかなぁと夢想します^^;

2014年12月21日 23:35

m-shima
私も「買い」に一票です。SD1に付けて使うメインレンズとして活躍しています。
確かに、18-35mmの画角にしては重いのですが、18mm、24mm、35mmの3本を持って歩くことに比べれば・・・と自らを納得させていますが、でき得れば、山歩きの時など荷物を減らしたい時用に、17-70mmや18-200・300mmも一本持っておきたいところですね。さすがに、これを付けて一日歩きますと、40歳台半ばの身体には堪えます。

2014年12月21日 22:50

星空ハンター
買いですね。
天体用に使っていますが EF24 F1.4よりはるかにいいです。

2014年12月21日 22:25

3件中 1〜3件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 1

Kento,K(お休み)

GANREF Point
80670
Next Point
39330
メインカメラ
SD1 Merrill

プロフィール

現役学生が拙い技術で撮りたい物を撮ってます。 Featured Ph...

↑ページの先頭へ