Please wait... loading

EOS RPでうらじゃを撮る:サーボAF+顔・追尾優先AF

現在表示しているページ
ホーム > パパールさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年8月 > EOS RPでうらじゃを撮る:サーボAF+顔・追尾優先AF

投稿日:2019/08/07

レビューした機材・用品 キヤノン EOS RP キヤノン EOS RP
普段は静物写真しか撮らないので、岡山の夏祭り「うらじゃ踊り」で動体撮影するのを楽しみにしています
今年はEOS RPを投入

EOS RPのAF関係のウリ(いずれもEOS Rの廉価版ですが)
「広範囲のAFエリア」と「AFフレーム選択可能ポジションが4779、自動選択時AFエリア分割数が143」

つまりAF方式を「顔・追尾優先AF」にすると、広い範囲で認識した顔を追尾してくれるということですね
今回撮影したのは、踊り連が商店街をパレードしながら踊るというイベントなので、試すのに最適です
なお、EOS RPはサーボAF対応の瞳AFが可能ですが、ポートレートのウェストショット以上寄らないと機能しないという話なので、今回は顔・追尾優先AFに設定しました

AF方式以外の設定として、
AFモード:「サーボAF」、連写:「高速連写」
レンズはマウントアダプターEF-EOS R使用のEF70-200mm F4L

踊り連「鬼凛」の前から3列目の女性に3列目の女性にAFフレームを合わせて試写開始
赤い枠が合焦したフレーム

前列の男性が腕を上げても、しっかり追尾しています


私の前を通り過ぎる約20秒間、途切れること無く追尾できました

初めて顔・追尾優先AFを使ったのですが、思っていた以上にしっかり追尾できますね
その一方で、主役とは別の人の顔を認識してフレームの切り替えがうまく行かないことも何度かありました

結局、これ以後は領域拡大AFに変更して撮影
うらじゃのように動き回る多くの人物の中から特定の被写体を撮るのは、顔・追尾優先AFでは難しい気がします

その一方、ポートレートなど一人の被写体をウェストショット以上のアップで撮るときには、瞳AFが使えるので有効かもしれません

コメント(1,000文字以内)

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

パパール

GANREF Point
630760
メインカメラ
α7 II

プロフィール

2002年にコンデジで撮影開始。現在は岡山ヤングフォトグラファーズのメンバ...