Please wait... loading

[注目製品レビュー~ViewSonic VP2785-4K編~]第3回:キャリブレーション①

現在表示しているページ
ホーム > 製剤屋さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年7月 > [注目製品レビュー~ViewSonic VP2785-4K編~]第3回:キャリブレーション①

投稿日:2019/07/13

レビューした機材・用品 ViewSonic VP2785-4K  ViewSonic VP2785-4K
[注目製品レビュー~ViewSonic VP2785-4K編~]第3回:キャリブレーション①

VP2785-4Kは売りの一つとして、ハードウェアキャリブレーション対応を挙げています。もちろん、専用のソフトを使い、USBで接続してあるという前提が必要ですが、色をきちんと管理するという点では避けて通れない点となります。

VP2785-4Kにはx-Rite社と共同開発している、Colorbrationとうソフトがあり、最新版が専用wepageからダウロードすることが可能です。インスト―ルするときに日本語を選べるので、キャリブレーションン操作も問題は少ないです。

実際の操作としては、以下のようになります。

キャリブレータ―を接続した状態で、Colorbrationを起動したときの画面がこうなります。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー RICOH GR III
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
640
ホワイトバランス:
Multi Auto


右側下部の上部から3つが重要です。

ユーザーモード:「簡易」で問題ありません。

ライセンス:専用のキャリブレータ―が認識されていれば、緑チェックになります。未接続もしくは認識中は赤色です。

アプリケーション設定:使用するキャリブレータ―を選択します。

ライセンスが緑になっていることを確認したら、左上の「ディスプレイのプロファイルを作成」のボタンを押します。そうすると、次の画面が開きます。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー RICOH GR III
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
320
ホワイトバランス:
Multi Auto


ここでは、白色点と輝度を設定するのですが、

RGBプライマリで白色点を。AdobeRGBを選んでおけば無難です。

輝度で設定値か、手入力か、実測値かを選びます。今回は、測色機として、i1 Display ProがVP2785-4Kと一緒に配布されており、このキャリブレーターは輝度の測定もできますので、今回はプルダウンメニューより「測定」を選びました。

そうすると、右側の色域図に「測定」のボタンが押せるようになり、実測→測定値を使用のボタンを押すことで、環境光に見合った輝度が設定されます。

また、画面左側にヘルプ表示画面があり、知りたい文字の周辺にカーソルを持っていくと、ヘルプ内容がある場合は表示してくれます。結構参考になります。

設定が済んだならば、右下の▶マークをクリックして測定開始となります。

次の画面で、測色機をセットして、開始ボタンを押して開始するのですが、その時に、ディスプレイをチルトしておくことをお勧めします。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー RICOH GR III
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Multi Auto


画面下部に、現在の進行状況を表示してくれるので、安心してほったらかしにできます。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー RICOH GR III
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Multi Auto


終了した状態がこうなります。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
リコー RICOH GR III
焦点距離:
18.3 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Multi Auto



さて、ハードウェアキャリブレーションをするには、キャリブレーターが必要です。今回はGANREF編集部の好意で、x-rite社のi1 Display Proを一緒に貸し出してくれています。専用ソフトではi1 Display Proかi1 Pro2しか使えないために致し方ありませんね。ただ、すでにこれら以外のキャリブレーターをお持ちの方は買いなおしが必要になるということになりますので注意が必要です。

で、自分の周りの人には、最後の写真を見て、あれっと思われている方が多いと思います。そうです、VP2785-4Kの白色点が6500Kになっているんです。僕は印刷もするので、環境光が5000Kになっているので、白色点も5000Kなんですが、今回の方法では、どうやっても6500Kにしか設定できず、うーんとなっていたのですが、解決法を見つけましたので、VP2785-4Kでも白色点を5000Kでキャリブレーションすることができました。それについては、次回のレビューで。

注目製品レビュー ~ViewSonic VP2785-4K編~
https://ganref.jp/common/monitor/viewsonic/vp2785-4k/

ViewSonic「VP2785-4K」のページ
https://ganref.jp/accessories/2696/

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

製剤屋
Legacy7010 さん、
せっかくのハードウェアキャリブレートができないというのは辛いですからね。

Color Navigatorも持っていますが、Color Navigatorの方が使いやすいです(^_^;。ちなみに、i1Profilerも使っていますので、ソフトの慣れの問題ではないと思います。白色点の設定を変えるのが直感でできないのは、痛いと思います。Mac機用は問題ないみたいなのですが…。

2019年07月20日 21:30

legacy7010
専用ソフトのキャリブレーションということでキャリブレーターを所有されている方には要注意ですね。

ちなみにColor EdgeのColor Navigatorと比較して使い勝手はいかがですか?なんとなく近いような。。。

2019年07月20日 17:29

製剤屋
LOOK555 さん、

ソフトの操作自体はそれほど難しくはないのですが、対応するキャリブレータ―が限られているのが、玉に瑕でしょうか (^_^;。

2019年07月15日 07:30

LOOK555
段々ハイレベルなレビューになってきた感がありますが、何とか理解しようと努めています。
実際に自分で操作して見ないと分からないことが多そうです。

2019年07月13日 16:01

4件中 1〜4件目

TOP OF GOLD

製剤屋

GANREF Point
1237263
メインカメラ
PENTAX K-1 Mark II

プロフィール

Ricohに始まりRicohに終わるか (^_^;。 200903...