Please wait... loading

[注目製品レビュー~ViewSonic VP2785-4K編~]第8回:色空間

現在表示しているページ
ホーム > 製剤屋さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2019年7月 > [注目製品レビュー~ViewSonic VP2785-4K編~]第8回:色空間

投稿日:2019/07/29

レビューした機材・用品 ViewSonic VP2785-4K  ViewSonic VP2785-4K
[注目製品レビュー~ViewSonic VP2785-4K編~]第8回:色空間

最近、EIZOから27インチ4Kディスプレイが、本機とあまり変わらない値段で発売されて、あわててスペックを確認すると、発色できる色域がsRGBとのことでした。sRGBでも、EIZOというブランドと合わせれば、まあ、そんなものかというところですが、EIZOがsRGB modelを新規にラインナップさせてきたというところから、ユーザーがきちんと自分に必要なディスプレイを選択する必要が出てきた時代になったのだなと。

自然界に色は無限にありますが、残念ながら今の技術では、そのすべてをディスプレイ上で再現することは難しいですし、できたとしても、とても民生用にはならないでしょう。なので、現実的な範囲で、再現する色の範囲を決めている規格が色空間と思ってください。

現在、PC用ディスプレイとして汎用されている色空間がsRGBという規格です。これはMicrosoftが中心となって決めた規格で、Windowsマシンの規格とも言えるので、事実上、PCのデファクトスタンダートとなってます。これの他にも、TVの規格や、Appleの規格もあったりします。(ProPhotoRGBという、Kodackが定義したほぼすべての色を表すものもあります。これを再現できるディスプレイは売ってはいないので、仮想的にしか扱えませんが)

GANREFは写真を扱うSNSですので、GANREFのメンバーですと、sRGBの他にAdobeRGBという色空間について聞いたことがあるかもしれません。これは、sRGBよりも扱える色の範囲を広げたものです。広げたのはいいことなのですが、ディスプレイの性能もそれに対応したものが必要になってくるという事です。

色域図


sRGBにくらべると、AdobeRGBはグリーの領域でより多くの色を出せるようになっています。

本機は27インチで4KでAdobeRGB対応という事で、ディスプレイのなかでも、最上位にランクされるものとなります。

先出したEIZOのディスプレイとは、値段と解像度はほぼ同じですが、ブランドか色域かのどちらにプライオリティを置くかにより、どちらのディスプレイが自分に向いているかという選択をすることになりますね。

まあ、緑系が多いネーチャー撮りにとっては、やはり、AdobeRGBを選択したいですし、インクジェットプリンターなどで作品制作をする方は、プリンターの性能を最大限に引き出すには、やはり、AdobeRGBの色域が欲しいでしょう。でも、Web上での公開が主であるならば、主流のsRGBに合わせるのが良いかもしれません。

一昔のように、何が何でもAdobeRGBという時代は過ぎ去っているのかなと。とはいえ、この値段で、AdobeRGBカバー率99%というのは、魅力的です。

ちなみに、前回BenQの27インチAdobeRGB 4Kディスプレイのレビューに合わせて、書いた記事にリンクを貼っておきますので、興味のある方はご覧ください。


デジタルカメラの色空間についての一つの考え方として。
https://ganref.jp/m/seizaiya/reviews_and_diaries/review/11420

デジタルカメラの色空間についての一つの考え方として(その2)。
https://ganref.jp/m/seizaiya/reviews_and_diaries/review/11422

光源の質について
https://ganref.jp/m/seizaiya/reviews_and_diaries/diary/16335

光源の質について(その2)
https://ganref.jp/m/seizaiya/reviews_and_diaries/diary/16340



注目製品レビュー ~ViewSonic VP2785-4K編~
https://ganref.jp/common/monitor/viewsonic/vp2785-4k/

ViewSonic「VP2785-4K」のページ
https://ganref.jp/accessories/2696/

レビューした用品

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

LOOK555
あるがままの色味を忠実に表現できるというのは魅力を感じますね。

2019年07月30日 14:42

tezguitar
AdobeRGBカバー率99%の優位性や、色空間の事がよく理解できました。ありがとうございます。

2019年07月30日 08:39

2件中 1〜2件目

TOP OF GOLD

製剤屋

GANREF Point
1237263
メインカメラ
PENTAX K-1 Mark II

プロフィール

Ricohに始まりRicohに終わるか (^_^;。 200903...