デジタルカメラマガジン 2012年10月号選考 ナイスショット部門 選者:斎藤巧一郎 先生

現在表示しているページ
ホーム > フォトコンテスト > 結果発表済みコンテスト一覧 > デジタルカメラマガジン 2012年10月号選考 > ナイスショット部門
電車が通りま~す
カメラ:ニコン Nikon 1 V1  レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR  レタッチ:Photoshop Elements 10にてWB、彩度、コントラストを調整後、ぼかしを適用  撮影地:愛媛県松山市

ナイスショット部門特別賞

電車が通りま~す
作者:りょゆうさん (愛媛県・30歳)

<ナイスよくできてます賞>
電車模型のジオラマかと思ったら、よく見ると本物ですね。作品として成立したポイントは「場所」です。電車はカーブにやってくる。周りは公園の遊具、森、いい形の家、踏切、そしてバイク。写っている要素がとてもいいです。

【+ワンポイント!】
ミニュチュア風の加工は、高コントラストの写真に効果的。晴れている日に再トライしては? 影がさらに効果を増します。

回想
カメラ:リコー GXR + GXR MOUNT A12  レンズ:P.ANGENIEUX RETROFOCUS TYPE R11   撮影地:石川県能美市

ナイスショット部門特別賞

回想
作者:chocop-さん (石川県・34歳)

<ナイスなつかしさで賞>
構図をいっぱいに使い、動きが最大のころをねらったことで、画面にいい躍動感が出ました。しかし、動きがゆっくりなので静かでもあります。モノクロ化したことや、ほどほどの人数、装飾の少ない遊具などが、せつなさを感じさせます。

【+ワンポイント!】
ファンタジックな効果のまま、彩度の低いカラーにしてみましょう。もう少し楽しい思い出の雰囲気になりますよ。

鉛筆画
カメラ:キヤノン EOS 7D  レンズ:キヤノン EF50mm F1.8 II  レタッチ:Picasa3にてモノクロ化、色を反転、周辺減光  撮影地:大阪府大阪市

ナイスショット部門特別賞

鉛筆画
作者:ru-chanさん (京都府・52歳)

<ナイス自然って不思議賞>
まさに鉛筆画ですね。『自然の鉛筆』と題された世界最古の写真集があります。その作者のタルボット氏は、光を感じて写る写真は、光が描き出す鉛筆画だとしたわけです。この作品にもシンプルな線だけで写し出した魅力があります。

【+ワンポイント!】
写真は奥行きが写る点もおもしろさ。今度は立体画であることも意識して、鉛筆画風写真を撮ってみてください。

Wink
カメラ:キヤノン EOS 7D  レンズ:シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM  レタッチ:Photoshop Elements 8にてコントラストと明るさを調整  撮影地:群馬県藤岡市

ナイスショット部門特別賞

Wink
作者:rookieさん (埼玉県)

<ナイスウインク賞>
お茶目な瞬間がかわいいです。よくじっといてくれるものですね。落ち葉を踏みしめる季節も間近になりました。秋の楽しみ方を提案していただいたように思います。イヌとお出かけのときに落ち葉のなかで季節を感じる、いい写真を撮りたいですね。

【+ワンポイント!】
広角側で撮ると頭が大きく写ってかわいいですが、もう少し望遠側で撮ってもバランスがよくなりますよ。

silent~静寂~
カメラ:キヤノン EOS 5D Mark II  レンズ:キヤノン EF16-35mm F2.8L II USM  レタッチ:Digital Photo ProfessionalにてHDRツールを使用  撮影地:東京都八王子市

ナイスショット部門特別賞

silent~静寂~
作者:gotsushi?さん (東京都・39歳)

<ナイス見つける美で賞>
作品化することのおもしろさですね。古い納屋など普通は目に留まらないでしょう。しかし加工をして作者の感じたことを強調すると作品になります。取り囲む木々も風に吹かれて曲がり、庭園の木々とは違う、野に生きる魅力的な姿をしています。

【+ワンポイント!】
作者の写真は、独自の美を見せてくれます。その視点と加工技術の高さを今後も作品に活かしてください。

すずめの戦い!
カメラ:ソニー α77  レンズ:タムロン SP AF 90mm F/2.8 Macro[1:1]  レタッチ:Photoshop CSにて彩度、コントラストを調整  撮影地:大阪府堺市

ナイスショット部門特別賞

すずめの戦い!
作者:oiyan21さん (大阪府)

<ナイス今月の鳥ベスト賞>
シャッターチャンスを射止めることこそ写真の醍醐味! ねらいがパチンとあたる楽しさは射撃と同じですね。これもまさにそうです。しかしスズメはこんなにも争うんですね。小さいながらも負けられない戦いがあるのでしょうか。

【+ワンポイント!】
肉眼ではとらえきれない世界を、カメラは高速シャッターで見せてくれます。写真に写るこの驚きを今後も活かしてください。

虫あーと
カメラ:キヤノン EOS Kiss X2  レンズ:タムロン SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1  レタッチ:Digital Photo Professionalにて彩度、コントラスト、シャープなどを調整  撮影地:神奈川県横浜市

ナイスショット部門特別賞

虫あーと
作者:まんまるまんまさん (神奈川県・56歳)

<ナイス小さなアート賞>
小さな範囲に4匹もの虫が精いっぱい動いています。虫そのものも輝いていてキレイですが、マスゲームのような踊りにも見えます。四角い構図いっぱいに花を配置し、斜めに撮ればより長く表現できます。昆虫図鑑もこのくらいだと楽しいですね。

【+ワンポイント!】
植物イラストの「ボタニカルアート」風にしては? もっと絞って被写界深度を深くし、ぼけをなくして撮ってみてください。

洗浄
カメラ:キヤノン EOS 50D  レンズ:キヤノン EF70-300mm F4-5.6 IS USM  レタッチ:Digital Photo Professionalにてコントラストと彩度を調整  撮影地:山梨県韮崎市

ナイスショット部門特別賞

洗浄
作者:チビコの冒険さん

<ナイス心洗われたで賞>
見とれました。こんな富士山に出合うとやめられないでしょう。富士山の麓に移り住んで毎日撮る人がいるほど、富士山は魅力的。見せてもらった私も雲間にただよい、富士山を見つめ、少しの間、我を忘れました。ありがとうございます。

【+ワンポイント!】
完ぺきです。でもこれ以上を撮りたい。それを見いだすためにも富士山と同時になにかほかの被写体にもトライしましょう。

阿修羅幻想
カメラ:キヤノン EOS 60D  レンズ:キヤノン EF70-200mm F2.8L IS II USM  撮影地:青森県十和田市 奥入瀬渓流

入選

阿修羅幻想
作者:奥野秀さん (千葉県・54歳)

激しい水の流れの表現に挑戦された興味深い作品です。「阿修羅の流れ」という奥入瀬渓流の場所を阿修羅という言葉から表現を求めたとのこと。作品作りの考え方がとてもいい。被写体の理解、解釈の深さは作品に表れます。

【+ワンポイント!】
長めのシャッター速度で流れがやさしい印象になりました。独自の理解と解釈で、今後も新しい表現を期待します。

雨上がりの雫・・・
カメラ:キヤノン EOS 5D  レンズ:キヤノン EF100mm F2.8 マクロ USM  レタッチ:Digital Photo Professionalにてシャープネスを調整  撮影地:愛知県

入選

雨上がりの雫・・・
作者:butajack-3さん (愛知県・57歳)

雫にまわりの花、風景が映り込むおもしろさ。雨上がりのシャッターチャンスをとらえ、雨が止むのを待ち構えている。そんな雨待ちもいいなあと感じました。カメラを手にし、マクロレンズを手にいれると小さな世界に入り込め、詩人になれますね。

【+ワンポイント!】
小さな世界を拡大するすると、もはや花かどうかわからなくなります。花だと説明する必要はないので、別世界を作り出してください。

ダブル・イナバウアー
カメラ:キヤノン EOS 60D  レンズ:タムロン AF200-400mm F/5.6 LD[IF]  撮影地:東京都八王子市

入選

ダブル・イナバウアー
作者:さくちゃんさん (東京都)

カワセミはサカナを捕る瞬間の写真がよく応募されますが、これはすごい。こんなことが起こるんですね、サカナの取り合いなんて見たことないです。おもしろい。珍しい瞬間は印象に残ります。タイトルも楽しくていいですね。

【+ワンポイント!】
またとない瞬間をモノにするのは、つねに被写体を探し続ける努力から。いつも気を張っているとまた撮れるかもしれませんね。

夏競馬!
カメラ:キヤノン EOS 7D  レンズ:キヤノン EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS  撮影地:新潟県新潟市 新潟競馬場

入選

夏競馬!
作者:15-15さん (神奈川県・32歳)

疾走感があります。手前の手すりも奥行きと競馬場にいる臨場感を伝えます。広角でこのサイズに写るなら、ウマが近いですね。大きなウマが数多く走る姿はダイナミックだったでしょうね。芝も緑で夏らしい爽快さ。気持ちがスカッとしそうです。

【+ワンポイント!】
もっと望遠で撮ってみましょう。ウマの足の動きは止めたいので、もう少し速いシャッター速度で、背景を流れる程度にしましょう。

ニャジラ
カメラ:キヤノン EOS Kiss X3  レンズ:キヤノン EF50mm F1.8 II  レタッチ:Photoshop CS5のCamera RawにてRAW現像  撮影地:滋賀県大津市

入選

ニャジラ
作者:夏樹螢石さん (滋賀県・20歳)

ネコは自由奔放でおもしろいシーンが撮れるため、よく応募される被写体のひとつ。応募作が多いのでおもしろくないと選ばれないのですが、これはおもしろい! ネコじゃらしで遊んでいるうちにかみついたとか。ちょっとないような瞬間を、ぜひまた投稿してください。

【+ワンポイント!】
画面いっぱいに被写体が写り、使われるサイズに限らず内容がよく伝わります。わかりやすく、子どもから大人までいいと思われる作品です。

ハーイ!ご出勤でぇ~す。
カメラ:富士フイルム FUJIFILM X100  レンズ:N/A  撮影地:岐阜県岐阜市 長良川鵜飼線乗り場

入選

ハーイ!ご出勤でぇ~す。
作者:のぼるさん (岐阜県)

女性の持っている棒は、船を操るための棒ですよね、いろいろな職業があって、出勤の光景もさまざま。立ててある旗から、どんなところか想像できます。周囲のようすもいい割合です。モノクロなのもいつの時代かわからなくなっておもしろいですね。

【+ワンポイント!】
周りの状況を説明する必要はありません。報道写真ではないのでこのくらいにしておきましょう。写真にそれほど説明はいらないのです。

ストーム
カメラ:ニコン D7000  レンズ:タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]  レタッチ:Digital Photo Professionalにてモノクロ化  撮影地:高知県南国市

入選

ストーム
作者:hamahiroさん (高知県・34歳)

「ストーム」と題されるくらいなので、波は荒かったのでしょう。長時間露光で目の前の海がふわふわと写っています。荒さの表現なら速いシャッター速度で波を止めてもいい。この長い間、子どももじっとしてたいへんでしたね。ふたりの共作です。

【+ワンポイント!】
子どもを入れるのはいいアイディアですが、割合が少し大きすぎます。少し離れるなどして大きさを調整しましょう。

Tokyo Gate Bridge
カメラ:オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5  レンズ:オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  レタッチ:OLYMPUS Viewer 2にてRAW現像時にアートフィルター[ドラマチックトーン]を適用、彩度、コントラストを調整  撮影地:東京都江東区

入選

Tokyo Gate Bridge
作者:handysdadさん (山梨県)

ゲートブリッジ作品は多いですね。橋が夕日のサイド光で立体感を増し、雲は壮大なスケールを盛り上げています。雲があるかないかで橋の雰囲気は大きく違います。快晴だけが写真日和ではないですね。雲のステキな日も、写真日和です。

【+ワンポイント!】
飛行機の位置も雲にかからないほうがいいですね。天気や時間などを選べばまだこれ以上のゲートブリッジ作品が撮れそうです。

What are they making?
カメラ:リコー GX200  レンズ:N/A  レタッチ:UFRawにてRAW現像  撮影地:東京都江戸川区

入選

What are they making?
作者:Nao_naturalsさん (千葉県)

色とコントラストで目に留まりましたが、タイトルどおりなにが作られていくところでしょうか。公園? 自動車教習所? まわりの住宅も新しそうで、町が作られていくところですね。ラブリーな色使いで、無機質な感じがなく、楽しさがあります。

【+ワンポイント!】
タイトルはもっとシンプルにしましょう。作品のなかに引き込むためのひとことでいいです。文章になると長くめんどうな感じがします。

駅のスロープ
カメラ:ペンタックス K-5  レンズ:ペンタックス DA18-55mmF3.5-5.6AL WR  レタッチ:PENTAX Digital Camera Utility 4にてコントラスト、色彩を調整  撮影地:愛知県西尾市

入選

駅のスロープ
作者:HIROAKIさん (愛知県・27歳)

色の表現がいいですね。さまざまな方法を探り、自分の思いを表現しましょう。そんな自由な表現から新しい方法がつかめます。そして、成功したら具体的に検証しましょう。色、コントラスト、露出などがわかると写真表現の理解が深まります。

【+ワンポイント!】
表現に凝る前に、普通の写真の段階で魅力的な写真であることが大切。人の配置はもっといい位置に来るまで待って撮ってみましょう。

笛吹く少年
カメラ:ニコン D700  レンズ:ニコン AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  レタッチ:Photoshop CS5にてコントラスト、暗部を調整  撮影地:神奈川県横浜市

入選

笛吹く少年
作者:etudeさん (神奈川県・71歳)

逆光の光のなかに、輝くトランペット。影も美しいです。最近ではレタッチで過度に影を明るくする方が多いですが、このぐらいが自然ですし、好ましい。黒つぶれや白飛びなんて気にせずに、影は黒い、明るいところは白い。それでいいのです。

【+ワンポイント!】
少し望遠で寄り、表現の強さを出しましょう。人物の影を意識し、右はこのまま、左側の木を1本切るくらいでトリミングします。

嵐山の竹林
カメラ:ペンタックス K-m  レンズ:ペンタックス FA43mmF1.9 Limited(ブラック)  撮影地:京都府京都市 野宮神社周辺

入選

嵐山の竹林
作者:オサさん (東京都・29歳)

淡い木もれ日のなかを歩くとさぞ気持ちがいいでしょう。縦の構図で、縦にスクッと伸びたタケ。よく手入れがされた竹林の薄い緑、濃い緑、美しいですね。このような日本の美的要素は日本画に見いだせますから、たくさん見ると作品作りのヒントになりますよ。

【+ワンポイント!】
人を入れてもいいでしょう。絵になる人影であれば、見る側は自分がそこにいる気にもなれますし、竹林のスケール感も伝わります。

あの夏の日
カメラ:ペンタックス K-7  レンズ:ペンタックス FA31mmF1.8AL Limited(シルバー)  レタッチ:「サーフ&スノー」で撮影し、PENTAX Digital Camera Utility 4にて[リバーサルフィルム]を適用。彩度、コントラストを調整、トリミング  撮影地:島根県浜田市

入選

あの夏の日
作者:シモス・チェンバレンさん (広島県・45歳)

シンプルなわかりやすさと美しさがある作品です。水平線が水平に構えられ、ピタッと収まっている気持ちがいい写真です。美しい海の色、白い砂浜がこの親子のためのステージになっています。親子もいい思い出を残せたことでしょう。

【+ワンポイント!】
少しアップに撮りましょう。広さが感じられる程度に2割ぐらいアップで。表現が弱くならないように少し望遠のレンズがおすすめです。

夏の少年
カメラ:ニコン D300  レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye  レタッチ:Capture NX 2にてRAW現像、トーンカーブ、コントラストを調整  撮影地:東京都大田区

入選

夏の少年
作者:NORAさんさん (東京都)

子どもはセミの抜け殻を見つけるだけでもうれしいものです。だれもがとおってきた道なので、大人にもそのうれしさはわかり、いい夏の季語になっています。そんなワクワクを忘れずに、童心に返って撮影することも大切ですね。

【+ワンポイント!】
せっかくなので子どもの表情もとらえましょう。もっと絞って被写界深度をかせぎ、子どものようすや夏の木々までピントを合わせます。

機材ランキング

コンテストの受賞作品に使用されている機材のランキングです。


↑ページの先頭へ