ホーム

“その一枚を物語に”フォトコンテスト/テーマ 爽

結果発表

「“その一枚を物語に”フォトコンテスト/テーマ 爽」の入賞作品を発表!!

写真ファンが愛用する「Lightroom」「Photoshop」を提供しているアドビと写真投稿&共有サイト「GANREF」のコラボレーション企画として、Lightroom・Photoshopを使ってあなたらしい物語を写真で表現していただく「“その一枚を物語に”フォトコンテスト/テーマ 爽」の入賞作品が決定いたしました。
コンテストについて詳細はこちら

最優秀賞
賞品:金10万円

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

空に立つ

作者:ken-1

選評
シンプルな構成の画面に想像力を刺激されるストーリー性もあり、開放感のある気持ちのいい作品です。広い空、モクモクとした夏の雲の表情、揺れる奥様の服からは風を感じ、日傘からは日差しと涼が伝わってきます。画面下の緑は写っているのは小さな面積ですが、その足元に広がる緑の大地を連想させて広がりを感じます。Camera Rawで明るさ、彩度、明瞭度、かすみ除去、ゆがみ補正、周辺減光を調整、Photoshopでガンマ補正とごみ取りをして、元画像よりも爽やかな印象に仕上がりました。太陽周辺のフレアやゴーストを消さずに残したことで、光を感じさせる効果もうまれていますね。引き込まれる作品です。

優秀賞
賞品:金5万円

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

星と踊ろう...

作者:チョロぽん

選評
夏の夜の星空と乱舞するホタルの光を捉えた作品です。星とホタルの光はよくある組み合わせですが、ホタルの光のラインがまるでそれ自体が意思を持つかのように乱舞する様は見事ですね。カメラの機能である多重露出を使用し、多重露出制御の設定は「比較明」で撮影。元データをPhotoshop Elementsで比較明合成し、さらにLightroomでコントラスト、明瞭度、彩度を整えて仕上げたとのこと。一つ一つ、丁寧なプロセスがあって、このような幻想的な光の作品に仕上がったようです。爽やかな夏の夜空のワンシーンですが、これは肉眼では決して見ることができない写真ならではの世界観が写し出されています。撮影から仕上げまで技量の高さを感じた一枚です。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

ガブリッ!!

作者:Daix

選評
かわいい姉妹が、夢中でスイカにかぶりつく瞬間をまっすぐに捉えた作品ですね。撮影者の笑顔が目に浮かびます。偶然の瞬間にも見えますが、背景の緑色、お揃いのピンクの服、食べかけの赤いスイカをみると、色のバランスも見事で、広告写真のように計算されて撮られたのかもしれません。どちらにしても爽やかで夏らしい作品に仕上がりました。データ処理のプロセスも明快です。Lightroomで明るさと彩度の調整をしてトリミング、Photoshopで背景の明るさと彩度をコントロールし、人物の色被りも補正して、さりげない自然なトーンに仕上げています。「爽」というテーマにもあった微笑ましい写真です。

入選
賞品:アドビ特製グッズ

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

Arrivi 01

作者:HIDE

選評
川崎チネチッタのシンボルタワーをモチーフとした作品です。初見で建造物であることはわかりますが、目の前の被写体自体を撮りたいわけではなく、そこから喚起される、作者が感じた美意識やイメージを伝えたいという意志を感じました。Photoshopでの色温度、色相のコントロールも効果的。消失点の明度を上げることで、鑑賞者の視線は作品の中へと引き込まれ、心地よい空間を漂います。ガラスの映り込みのトーンも透明感に溢れ、視線がどこかへ連れて行かれそうな錯覚を覚えます。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

pool blue

作者:mazuya

選評
爽やかでユニークなアングルの作品ですね。撮影した時に何に感動したのか、何を表現したいのかを分かってシャッターを切ると、現像やPhotoshopなどのソフトの操作にも迷いがなくなる好例です。作者は、「記憶している鮮やかな色彩を再現した。色彩を強調するため反転した。」との意図を語っていますが、言葉の通り、Lightroomでの処理も色彩を中心に調整したようです。モデルの表情を撮らず頭だけを撮影して、脇役としたのも成功していますね。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

爽秋

作者:haima-

選評
望遠レンズの切取り効果を巧みに使い、紅葉だけでなく背後の竹林のライン、緑、黄、赤の色彩のバランスにも注意を払って丁寧に撮影されています。F5の絞りによって、背後が柔らかくボケていることで、空間の広がりを感じ、爽やかな秋の気配を演出しています。画像編集は彩度、コントラスト、明るさの基本的な調整のみですが、水彩をイメージしたとのことで、絵心にあふれた作品に仕上がりました。風情のある作品です。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

パラソルの華

作者:季節の色

選評
頭上に広がるカラフルな傘のアート作品を、逆光の透過光で撮影した明るく華やかな作品です。撮影時には空や太陽が白く飛ばないように撮影して、画像処理段階でシャドウを明るく補正しています。建物の色も傘の色も植物も、一見バラバラなようですが、色彩的には暖色系統でまとめられて、不思議な統一感がうまれています。傘のラインが途中で切り取られていますが、画面の外側まで続いていることが想像でき、空間的な広がりも感じられる気持ちのいい作品です。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

花飾り

作者:NEONEO

選評
夏の爽やかな気配で満たされた一枚ですね。向日葵の色彩がとても鮮やかです。雫の中に映り込む向日葵の表情はグラフィカルで、雫のラインを中心から少し上にはずした構図に作者のセンスを感じます。さらに背景の向日葵も全体像がわからないぐらいの位置に配置され、写真で説明しすぎないところに想像の余地が生まれているようです。明るさやコントラストなどの基本的な処理と若干のトリミングで、仕上がりもとても自然で心地よいです。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

ルソーの森

作者:Mislin

選評
新緑の色彩と細部が画面一杯に写し出され、まるでそこに迷い込んだかのような気配を漂わせています。この色彩の豊かさを支えているのが、力強い太陽の光と森の陰です。作者はCamera Rawで露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウと明暗に関係する調整を中心に行い、メリハリのある森の空間を描き出しました。写真画面中に神経細胞が張り巡らされたような、密度の濃さが魅力の作品です。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

夕日

作者:AKI-Emotion

選評
近年のデジタルカメラは、暗く撮影しても、現像で2段分ぐらいであれば、ノイズなどを目立たせずに明るく調整が可能です。こちらの作品は露出アンダーで撮影することでシャッター速度を稼ぎ、4人の動きと水の飛沫で躍動感のある写真に仕上げています。画像編集は、コントラストと黒レベルを上げて4人のシルエットを強調。表情は読み取れませんが楽しそうな表情が目に浮かびますね。色は実際の現場の色をベースに、バリのイメージという記憶色を鮮やかに再現しています。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

蜘蛛の糸

作者:1.2.

選評
とても繊細な作品ですね。淡いブルーグリーンのトーンは雨上がりの晴天のイメージでしょうか。早朝の爽やかな空気の中で撮影されたような雰囲気を感じます。蜘蛛の巣というと網目を目立たせた写真が多いのですが、こちらの作品は斜めの新鮮なアングルから、被写界深度を浅く、柔らかな描写で撮られています。アングル探しとピント位置の調整の努力が実り、美しいイメージが浮かび上がりました。丁寧な撮影も好感です。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

風使い

作者:Kogame

選評
ストールの部分は何枚も撮影した画像からPhotoshopを使って合成したとのこと。実像と虚像の狭間でわからず、気持ちよく騙されました。風をテーマ、なるほど! 作品は暖色と寒色の色のバランスがいいですね。モデルと背景の夕日を中心に暖色系でまとめ、周辺は寒色。鑑賞者の視線は自然と写真画面中央に引き寄せられます。逆光ですが、モデルのシャドウを起こして、アンバーでまとめ柔かな雰囲気に仕上げています。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

この広い空の下

作者:Keny

選評
爽やかな青空をバックに、アサギマダラがその羽を大きく広げた瞬間を魚眼レンズで捉えた作品です。元画像はやや暗めに、デジタル写真では白トビをさせないという基本を守って丁寧に撮影しています。画像編集では、Lightroomで元画像を明るく補正、肉眼の認識と近くなるようシャドウと彩度調整をして現実の色に近づけているようです。蝶の羽自体も青く透明感があり、とても自然なトーンに仕上がった一枚です。

アドビ賞
賞品:アドビ特製カメラバッグ

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

作品

撮影(Before)

淡き夢

作者:ichii

選評
こちらの作品は2枚の作品の合成写真です。白鷺が何かを啄んでいるモノトーンの写真を反転させた作品と紫陽花が前後のボケの中で静かに咲いている様子を捉えた写真をそれぞれトリミングをして合成した作品です。元画像は光と色彩がフラットで地味目な作品ですが、トーンをソフトで柔らかく、色彩も爽やかに整え、「爽」というテーマにふさわしい青と緑の幻想的な作品に仕上げました。作者の豊かな想像力とソフトを使いこなす技術の高さが伝わる一枚ですね。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

春来たりなば夏遠からじ(石塚桜30秒露光Ver)

作者:だいとしぃ

選評
有名な被写体や撮影ポイントでも撮影時間の工夫と現像などの後処理技術で、撮影者が感動した世界観を表現することができます。こちらの作品は有名な桜スポット、石塚桜です。作者は時の流れや季節の移ろいという時間の流れを30秒のスローシャッターで表現し、桜だけでなく、背後のさそり座、天の川も計算して撮影しています。露光量とホワイトバランス、ノイズ処理を経て生まれた作品は柔らかく、ここに作者の感じた「爽」があるようです。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

爽快な朝

作者:細江 貴寛

選評
この作品は、光芒を主題として、爽やかな光景の雰囲気を柔らかに描いています。Camera Rawによる色味とトーンの調整のほか、Photoshopによる画像の部分反転、変形による水の揺らぎ、ガウスによる柔らかなトーンへの調整など、想定した世界に近づけるためにイメージメイキングのテクニックが随所に使われています。仕上がりはテクニックが目立ちすぎず、朝のようにも感じられます。作者の美意識が生み出した作品ですね。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

スコールの贈り物〜セドナ・ダブルレインボー

作者:Nana Suzuki

選評
パワースポットとして名高いセドナの絶景です。作者はきっと画像編集の知識とご自身のカメラの性能に詳しいのでしょう。元画像はとても暗く撮影されているのですが、そのデータが持っている色情報や被写体の質感を破綻させることなく見事に再現しています。雷雨の後のダブルレインボー、さぞかし、鮮やかに瞼に焼き付いていたことでしょうね。Camera Rawの画像処理では色、明暗、明瞭度を調整して、イメージを見事に引き出しています。

作品

完成(After)

作品

撮影(Before)

朝の静寂の中で

作者:kent

選評
高原にある裏磐梯桧原湖で撮影された作品です。完成イメージは、目の前の光をそのまま捉えるよりも、ご自身が感じた日の出前のひんやりとした爽やかな空気を感じたいという狙いで、色温度をブルーのトーンに調整して、イメージを作り出しています。水面と空は段階フィルターでプラス補正、陸地の部分は補正ブラシで露光量を上げてグリーンを引き出しています。いずれの補正も不自然な感じがしないギリギリのところで仕上げているのがいいですね。

GANREFで募集した、“その一枚を物語に”フォトコンテスト/テーマ 爽にたくさんの写真をご応募いただきありがとうございました。作品が入賞された作者の皆さま、おめでとうございます。
また、今回ご応募いただいた作品の一覧はこちらです。GANREFメンバーの力作をご覧ください。

≫アップロードされた「アドビ爽撮影」「アドビ爽完成」の写真を見る

サポートメニュー
ヘルプ リリースノート お問い合わせ 運営会社 利用規約 プライバシーについて 特定商取引法に基づく表示 広告掲載について インプレスグループ